【脚本・演出】
アガリスクエンターテイメント『新宿コントレックスVol.16』
2017年6月30日(金)〜7月1日(土)@新宿シアター・ミラクル
【出演】アガリスクエンターテイメント/アナログスイッチ/ストリーキング計画/笑の内閣
【予約】6月3日(土)よりこちらから

【脚本・演出】
アガリスクエンターテイメント『新宿コントレックスVol.17』
2017年7月28日(金)〜7月29日(土)@新宿シアター・ミラクル
【出演】アガリスクエンターテイメント/壱劇屋/小西耕一 ひとり芝居/日本のラジオ
【予約】6月30(金)より

【脚本提供】
ホットポットクッキングPresents『榊原さんは永遠に憂鬱なのかもしれない』
2017年7月26日(水)〜8月2日(水)@中野MOMO
【予約】こちら から

2017年06月13日

『怪獣倶楽部〜空想特撮青春記〜』第2話今夜だよ

MBS/TBS系ドラマ『怪獣倶楽部〜空想特撮青春期〜』第2話、TBSだと今晩放送です。
この回の脚本を担当させて頂きました。
いわゆる“普通の実写のドラマ”の脚本は実は初めてだったりします。
基本的なあらすじが「怪獣マニアの青年が、ガールフレンドと怪獣倶楽部の同志に対して双方の存在を隠しながら、評論のテーマを見つけていく・・・」みたいなパターンなので、芝居で培ったあんな要素こんな要素も入れつつ書いたりしたのですが、まぁそれは置いておいて。

そういう「初めて」とか「手法」とか以上に感慨深いのは、やっぱりウルトラ怪獣モノだからですかね。
僕は小さい頃、ウルトラマンの再放送で育った子供でした。
ハマりまくっていた頃、帰りが遅くてあんまり家でも会わない父が、たまに夜遅くにウルトラ怪獣のソフビ人形を買って来ては家のどこかに置いておく、というサプライズをしてくれていたことを思い出します。

P_20170613_122808_1.jpg


あとは、このウルトラ怪獣大全集という本ですね。
ウルトラQからウルトラマン80まで(もっというとハヌマーンとかザ・ウルトラマンまで)の全怪獣を網羅した図鑑。
当時、学研の動物図鑑とこの怪獣図鑑を読みふけっていたらしく、その痕跡(a.k.a.ヨレヨレっぷり)が残っています。
今でもウルトラ怪獣関係の仕事をさせて頂くときには、引っ張り出して怪獣のこと調べたりしています。

今回のドラマ『怪獣倶楽部』は本当にあった怪獣・特撮研究サークルがモデルになっております。そして、そのモデルになった方々が、のちにこの『ウルトラ怪獣大全集』を作った方だっていうんだから、グッと来ますね。
いや、他にもいろんな特撮研究や特撮関係クリエイターとして活躍してるんですが。

まぁ、長くなりますので割愛しますが、ともあれ、「そんな思い入れのあるウルトラマン関係の実写ドラマを1話書いたよー」「TBSだと今晩25:28からオンエアだよー」という話でした。
ぜひご覧くださいませ。
http://www.tbs.co.jp/tv/20170613_4CF0.html

見られない方、放送後には見逃し配信もあるよ。
http://www.mbs.jp/catchup/kaijuclub/


posted by 冨坂 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

渋谷TSUTAYAでコント「お父さんをください」をやります

ご無沙汰してます(かね…?)
主宰している劇団が今度の日曜(6/4)15時から、渋谷TSUTAYAでイベントに出演することになりました。
渋谷のスクランブル交差点のところにある、スタバとか入ってる例のツタヤです。正確にはあの渋谷Q FRONTっていうビルの7階の、蔦屋書店とWIRED CAFEの一緒になってるフロアです。
観覧無料のインストアイベントですので、ご都合のつく方、お近くの方はぜひお越しください!
というのも、「観劇三昧」っていう、劇団のグッズ販売とか劇団の公演動画配信をやっている会社の計らいにより、渋谷TSUTAYAにてアガリスクエンターテイメントをはじめいろんな劇団の公演DVDがレンタルできるようになりまして。
それを記念して、7Fにてインストアイベントを行うわけです。
アガリスクは「お父さんをください」という15分くらいのコントを上演します。

otousan_1200.jpg

“娘とその彼氏がお父さんに結婚の許しを得にいくのではなく、父親とその彼氏が娘に結婚の許しを得にいく”というコントです。
まぁ御察しの通り、くだらない設定かと思いきや性差とかタブーとかを切っていく作品…と思いきやもっと超展開で色んなことをどうでもよくしていくコントです。自分達的には結構お気に入り。

前にやった動画もあるのでもしよかったら▼


これを、今回は劇団員の鹿島ゆきこ、甲田守、津和野諒という今回限定のチームを組んで出演します。
出演は15:00〜15:30のトップバッター。
他団体も、一人芝居あり、ショー仕立てありとバラエティに富んだ人気劇団が出し物をしていきます。
こちらは観覧無料で、WIRED CAFEでなんか一品頼んでね、というイベントです。
日曜の午後、渋谷でお茶しながら、コントなどなどを覗いていって下さいませ!
トップバッターで誰もいなかったら哀しいしな!
ご来場お待ちしております!

◇◆◇◆◇◆◇◆情報◇◆◇◆◇◆◇◆
SHIBUYA TSUTAYA x リアル観劇三昧フェスティバル
通称:シブツタ観フェス

日時:6月4日(日)15:00~17:30
料金:無料(WIRED TOKYO 1999にてオーダーをお願いします)
会場:WIRED TOKYO 1999 WIRED TOKYO 1999 東京都渋谷区宇田川町21-6 QFRONT 7F SHELF67内
タイムテーブル
15:00 アガリスクエンターテイメント
15:30 おぼんろ
16:00 ピヨピヨレボリューション
16:30 ムシラセ
17:00 東京ハートブレイカーズ
詳細:http://engeki.jp/2017/05/31/shibutsutakanfes/
posted by 冨坂 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

『時をかける稽古場2.0』チケット発売のお知らせ

さて、『時をかける稽古場2.0』チケット発売になります。
1/14(土)12:00〜全てのチケット販売窓口が動き始めます。

ちょっと僕と『時をかける稽古場』の話をさせてください。
アガリスクエンターテイメントが旗揚げの準備をしていたのは2005年夏。当時『サマータイムマシン・ブルース』が映画化され、メディアに出始めていたヨーロッパ企画の存在を知り、その自由さに後押しされて旗揚げした部分があります。
だから当然『サマータイムマシン・ブルース』も好きだし、初期作品では結構影響されていました。当たり前のように、いつか自分も時間移動コメディを作ろうと思っていました。
そして、かつてのようにヨーロッパ作品のデッドコピーじゃない自分達の作品ができると思えたので『時をかける稽古場』を作りました。
その頃になると、同世代で解散する劇団・辞めて胃く仲間を見るようになってきたから、「劇団(とか若者集団)の今と未来」の話にしました。モデルは、今は亡き劇団・国道五十八号戦線。この劇団は、シアターグリーン学生芸術祭vol.2で一緒になった同い年の劇団で、アガリスクが初めて仲良くなった東京の劇団でした。
サマータイムマシン・ブルースの真似じゃないSFコメディができるようになったのと、国道五十八号戦線への思いを組み合わせて作ったのが、初演の『時をかける稽古場』でした。

その後、アガリスクは劇団員が増えました。
他にも沢山のやめていく仲間を見送りました。
何より自分の、自分達の中の「劇団論」もアップデートされてきたと感じました。
なので、『時をかける稽古場』のリメイク再演をすることにしました。
今回は、もっと自分達アガリスクエンターテイメントのこれまでとこれからを考えながら作る『時をかける稽古場』になります。
ちょこっと変えた再演じゃありません。同じ状況で、同じタイムマシンを見つけて、違う選択をする、違う世界の話です。
登場人物も違います。初演で居た「ストイックな客演の女優さん」役には別の女優を呼ぶことにしました。
そうなるとやっぱ、ハマカワフミエ(元・国道五十八号戦線)っしょ。
彼らの話じゃなく、自分達アガリスクの話にするからこそ、呼べると思いました。

普遍的で誰でもわかるものにするけれど、やっぱり劇団の話なわけで、会場は「日本でいちばん小劇場演劇らしい街」ってことで下北沢、その玄関口で顔である駅前劇場にしました。おっと、そういや『サマータイムマシンブルース2005』の東京公演の会場はどこだったかな?で、京都でやるのはもう言わずもがな。

そんなこんなで、何が言いたいかって言うと、「劇団最後のナイゲン」だの「コメフェス優勝凱旋公演」みたいな括りじゃないけど、我々にとっては特別な公演です。
劇団の過去の集大成で、劇団の未来を占う一手で、みんな尋常じゃない意気込みで臨んでる公演です。
で、ちゃんと2.0で新しいんで、初演を観た方も、観ていない方も、アガリスクを初めて観るって方も、ぜひ安心して楽しみにお越しくださいませ。

以下、公演情報です。これまた長いです。
飛ばして料金だけ見たい、という方は こちら
飛ばしてチケットの窓口に行きたい、という方は こちら
をクリックして見てください。

なお、公演情報はこちらに詳しく載っています。
時をかける稽古場2.0特設ページ

■公演情報■
アガリスクエンターテイメント第23回公演
『時をかける稽古場2.0』
脚本・演出:冨坂友

【あらすじ】
―待ってられない 台本がある。
超遅筆な脚本家率いる若手劇団「第六十三小隊」は、勝負をかけた公演を二週間後に控えながら、
台本が1ページも無いという危機に瀕していた。
ある日、稽古場にて偶然タイムマシンを発見した劇団員達は起死回生の策を思いつく。
それは「本番前日まで行って、完成した台本を取ってくる」というものだった…!

アガリスクエンターテイメント次回公演は、2014年に上演し、サンモールスタジオ演出賞・CoRich舞台芸術アワード10位を受賞するなど好評を博した時間移動コメディ『時をかける稽古場』を大幅ブラッシュアップして再起動!
台本の遅すぎる若手劇団が稽古場の中で演劇公演の為だけにタイムマシンを使い倒す、みみっちくも壮大な時間移動SFコメディ。未だ見ぬ過去へ、今は亡き明日へ皆様をお連れする、120分の時間旅行in稽古場!

【出演】
淺越岳人 榎並夕起 鹿島ゆきこ 熊谷有芳 甲田守 塩原俊之 沈ゆうこ 津和野諒 前田友里子 矢吹ジャンプ(ファルスシアター)
(以上アガリスクエンターテイメント)
さいとう篤史(ジョナサンズ) 斉藤コータ(コメディユニット磯川家) ハマカワフミエ

【東京公演】
《会場》
下北沢駅前劇場
(小田急線・京王井の頭線「下北沢」駅南口出てすぐ)
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-11-8 TAROビル3F

《日程》
2017年3月22日(水)〜3月28日(火)全10ステージ
3/22(水) 19:30☆
3/23(木) 19:30☆
3/24(金) 19:30
3/25(土) 14:00/19:30
3/26(日) 14:00/19:30
3/27(月) 14:00☆/19:30
3/28(火) 17:00
☆は前半・平日昼料金です。
開場は開演の30分前、受付開始は45分前です。
上演時間は2時間を予定しております。

【京都公演】
《会場》
KAIKA
(阪急「烏丸駅」23番出口徒歩8分、京都市営地下鉄「四条駅」6番出口徒歩6分)
京都市下京区岩戸山町440番地 江村ビル2F

《日程》
2017年4月4日(火)〜4月9日(日)全9ステージ
4/4(火) 19:30☆
4/5(水) 19:30☆
4/6(木) 19:30☆
4/7(金) 14:00☆/19:30
4/8(土) 14:00/19:30
4/9(日) 13:00/17:00
☆は前半・平日昼料金です。
開場は開演の30分前、受付開始は45分前です。
上演時間は2時間を予定しております。

【スタッフ】
脚本・演出:冨坂友 文芸助手:淺越岳人 演出助手:倉垣まどか 音楽:三濱徹也
舞台監督:大地洋一 舞台美術:袴田長武 照明:山内祐太(東京) 音響:安藤達朗(東京)/下田要・石田泰司(京都) 劇中映像:ピエール 舞台写真:石澤知絵子 宣伝美術:蒔田桃菜 制作:佐伯凛果 制作助手:樫村健人 制作協力:杉山純じ(東京)/小林大陸(京都)
主催:アガリスクエンターテイメント 共催:NPO法人フリンジシアタープロジェクト

【主題歌】
主題歌「(題未定)」作詞・作曲:タカハシヨウ(家の裏でマンボウが死んでるP) 唄:湯木慧
今回、公演の主題歌を、「家の裏でマンボウが死んでるP」で有名なボーカロイドのプロデューサー、タカハシヨウ氏が書き下ろしてくれることに!唄うのは今年アルバム発売も決まった女子高生シンガー・湯木慧さん。
タカハシヨウ×湯木慧という、界隈じゃ騒然のコラボが実現!

【お問い合わせ】
特設ページ:http://tokikake2.agarisk.com
TEL:080-5335-5585[担当:サエキ](3/22-28、4/4-4/9のみ)
E-Mail:info@agarisk.com


■チケットの種類■
今回から「富豪席」と「ペア料金」という新しい券種が追加されました!
簡単にいうと、富豪席は良い席で特典が沢山付いてち5000円、ペア料金は二人で5000円(京都は4000円!)です。
ペア料金なんてアガリスク的に結構大盤振る舞いなギリギリのお値段なんですが、それでも良いので、ぜひ今までアガリスクを見たことない方を誘って来てください。
「芝居は一人で行くもんだ!」派のあなた、台本もついて好きな出演者の舞台写真もついて5000円はお得なんで、ちょっと良い席なんていかがでしょう?
ということです。もちろん普通の券種でも!

【富豪席】東京5,000円
●良席(前方中央ブロック)の指定席です
●特典として、製本した上演台本・希望キャストの舞台写真が付いてきます
●ご購入時、備考欄に希望キャストの名前をご記入ください
●割引適応不可です

【ペア料金】東京5,000円/京都4,000円
●自由席です
●2名様分の料金です
●割引適応不可です

【一般料金】東京3,800円/京都3,000円
●自由席です
●予約券・当日券で同一の料金です。

【前半・平日昼料金】東京3,300円/京都2,500円
●自由席です
●予約券・当日券で同一の料金です。

【高校生料金】東京500円/京都500円
●自由席です
●予約券・当日券で同一の料金です。


■割引の種類■
リピーター割引…1,000円引き
・今公演の半券をご提示頂いたお客様は1,000円引き(またはキャッシュバック)いたします。
・他会場の公演の半券も対象です。
大貧民割引…1,000円引き
・受付で「大貧民です」とご申告頂いたお客様は1000円キャッシュバックいたします。
・要2/22までの事前精算でのご購入。
貧民割引…500円引き
・受付で「貧民です」とご申告頂いたお客様は500円引き(またはキャッシュバック)いたします。
・要事前予約。
学生割引…500円引き
受付で学生証をご提示のお客様は500円引き(またはキャッシュバック)いたします。
要事前予約。


■チケットの買い方■
今回はチケットの購入窓口が3種類あります。
使いやすい窓口からどうぞ!

@カンフェティ(事前精算)
東京公演はこちら 京都公演はこちら
《買える券種》
富豪席
ペア料金
一般料金
前半・平日昼料金
●クレジットカード決済、セブンイレブン決済がご利用いただけます
●発券手数料で216円かかります
●お電話0120-240-540(平日10:00〜18:00)でもご購入頂けます
●キャストごとの扱いを希望する場合は、購入ページで選択してください
●2/22までのご購入で大貧民割引が使えます(富豪席とペア料金は対象外)

AYahooパスマーケット(事前精算)
東京公演はこちら 京都公演はこちら
《買える券種》
富豪席
ペア料金
一般料金
前半・平日昼料金
●クレジットカード決済、Yahooウォレット、コンビニエンスストア決済がご利用いただけます
●クレジットカード決済、Yahooウォレットでは手数料がかかりません
●お電話0120-240-540(平日10:00〜18:00)でもご購入頂けます
●キャストごとの扱いを希望する場合は、購入時のアンケート機能で選択してください。
●2/22までのご購入で大貧民割引が使えます(富豪席とペア料金は対象外)

BCoRichチケット(当日精算)
東京公演はこちら 京都公演はこちら
《買える券種》
ペア料金
一般料金
前半・平日昼料金
高校生料金
●精算は当日受付で現金のみで承ります。
●キャストごとに予約フォームがあります。ちなみにこれはキャストじゃないですが冨坂扱いになります。
●貧民割引が使えます(富豪席とペア料金は対象外)
posted by 冨坂 at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 公演情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

コメディってそこまで笑いの量がなくてもいいんじゃない?という悪魔の囁き。

深夜に思考がグルグルしてるから書きますが。
そして『時をかける稽古場2.0』とか直近の作品への考察ではないのですが。

「コメディ」って言葉を前にしたとき、「コメディと名乗らない作品にも笑いの要素がある以上、名乗るからには笑いを第一義とした表現でなくてはならない」「他の価値も求めるなら、笑いの表現として最高値(のウケ)を目指さなければならない」という頑ななスタンスでいた。
七人ワイフのジョンみたいな。

でも、最近ちょっと揺さぶられてる。

「お笑いライブやバラエティ番組と競わなくても、"コメディ"って名乗っていいんじゃないの?」という囁き。いや、笑いの最大値を目指してないけど超面白いコメディ映画やドラマに当たり続けてるからなんですが。
それこそ『最高の離婚』とかさ、『逃げるは恥だが役に立つ』もそうだしさ、『この世界の片隅に』(俺はあれコメディとして感動した側面があるのでそのカテゴライズでいくよ)もそうだしさ。

見進めるための原動力とか、登場人物が愛らしく見えるための要素としての笑いがある、コメディってそのくらいでいいんじゃないの?という囁き。

うーむ、流されちまいたくなるぞ。
posted by 冨坂 at 04:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

ゴッドタン「ストイック暗記王」に出ます

さて、ということで最近は新宿コントレックスVol.15がコントレックス史上稀にみる盛り上がりを見せたり、来春の『時をかける稽古場2.0』(3月末東京と4月頭京都だよ!来てね!)の準備したりな毎日なわけですが、来週、アガリスクエンターテイメントがテレビに出ます。

テレビ東京の『ゴッドタン』っていう面白くてえげつないバラエティ番組がありまして(個人的にも大ファン)、その人気コーナー「ストイック暗記王」という企画に劇団ごと出演します。
暗記してるおぎやはぎ・矢作さんの前で小木さんを訴える寸劇を繰り広げるアガリスク連中。
淺越と塩原が屁理屈をこねて小木さんを訴追したり熊谷が弁護したり沈が証言したり甲田(ネコソギ)が裁いたりしてます。

で、今回の企画の何がそんなに嬉しいって、冨坂個人とか俳優個人が呼ばれたのではなく、劇団全体で呼ばれたことっすね。
プロデューサーから「アガリスクっぽいの」とのオーダーを頂き、企画に合わせてこっちでネタ作って持って行ってスタジオの芸人さんと合わせる、という。寸劇というか茶番というか中身の芝居は僕が書きました。

劇団がチームとしてメディアに呼ばれるって稀だし、作風に合わせて何かできるって嬉しいし、そういうのこそ一番やりたいことなので、こちらとしてもとても楽しみです。

収録がちょうど劇団Rexyの本番初日とかぶってて立ち会えなかったのだけど、メンバーがかなりバッキリと出演してゴチャゴチャ喋ってるハズです。

12/3(土)25:45〜(明けて12/4の1:45ってことっす)テレビ東京で放映です。
ぜひご覧ください!
posted by 冨坂 at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

あいつら

あらかじめ断っておくと、何のオチも提言もお知らせもない雑文です。というか、もうこんなのくだらない妄想です。

そもそも、演劇の登場人物を擬人化して語るのとかは好きではないんだ。
役者が自分の役をさも実在の人物化のように擬人化して語るのとか酔い過ぎだと思うし、作者が自分の考えたキャラクターをいつまでも愛でたりするのは恥ずかしいことだと思っている。基本的には。
お客さんに愛でたり夢想したりしてもらえるのはとても嬉しいんだけど。作り手はね、ちょっとそこは冷静でいようね、と考えてる。
だからスピンオフとか考えたりはしない。
でも、ナイゲンの登場人物だけは、たまに、ふとしたときに画が浮かんじゃうと気があるんです。すいません、ダブルスタンダードで。

例えば、一年後の夏、専門学校通ってて、文化祭とか学校行事とかに全く興味ない勢に戻ってて、似た感じの仲間とつるんでる道祖神。
ちょっと泣きそうになりますよね。
といってもそれはネガティブな意味とかじゃなくて。
あのナイゲン(内容限定会議)を経たからって皆が変わるなんてことはなくて、もちろん何がしかの影響は受けてるんだろうけど、それはそれとして皆が普通に文化祭とか自治とか関係ない自分の人生を生きてるってのに、感動とも感傷ともつかない独特の感慨があるんですよね。
たぶん分析すると「(一見そう見えない)あんな人やこんな人の人生の中に、一夏だけ、一日だけ、あんな会議があった」ってことがとても嬉しいんだと思う。

今日、ドラマ(逃げるは恥だか役に立つ)を見たのと、同じく同ドラマを視聴した斉藤コータ・鹿島ゆきこの感想ツイートを見てことで、なぜだか文化副・文化書記・海のYeah!!が大人になって再会して談笑している姿を想像してしまった。
卒業10年後の学年同窓会かなんかで、ホテルの宴会場で談笑してるめかしこんだ三人。
文化書記の結婚とか決まってて、「当時のカップル」として皆に囃し立てられてる書記と海の〜。
で、自分も色々あったのに周りの同学年の人達が(あの日の内容限定会議に出席してないがゆえ)知らないからって何も言わずにちゃっかりと皆に乗っかって笑ってる文化副。あいつそういうとこあんだよな。
当事者のそいつらと、どっかのテーブルにいるハワイ庵とか議長だけは三人の関係性知ってるけど、別にわざわざ言い出さないっていう(当然アイス〜と監査は同窓会は欠席)。

彼ら彼女らにはナイゲンのあの瞬間の後にもそれぞれの人生があって、色々あったうえでまた集まって笑ってる(そして変わってない)姿に勝手にグッと来てしまった。
作者が後日談妄想して感極まってりゃ世話ないんだけど。

こういうのは考えようとして考えるものじゃないから、次はどのあいつらの画が浮かぶかはわからないけど、ちょっと楽しみだったりもする。

ナイゲンはそういう、“あいつら”を楽しむ作品だからしょうがないのかもしれないっすね。
そうそう、いくつかの専門学校の学内公演とか卒業公演とか、はたまた名古屋の劇団・バッカスの水族館さんとか、ナイゲンを上演してくれるところがいくつかあります。
関係者とかお客さんの中にまた別のそういう楽しみが生まれるといいですね。
posted by 冨坂 at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

壊れかけのやつら

先日、劇団Rexyの稽古に急いでいる最中、携帯電話を落とした。
春ごろにiPhoneが起動しなくなってからというもの、楽天モバイルの格安SIM入れたASUSの格安スマホを使っているのですが、こいつが電池の持ちも良けりゃ頑丈さもすごいという、実用性に特化した優れものでして。
だから過信していたのだけど、そりゃあ歩いてる最中の腕の振り(加速)+落下+コンクリだとさすがに壊れるよね。ということで割れました。
縁の部分がちょっと砕けただけで、画面にはうっすーいヒビが入っているのみなので、たいして見づらくもなっていない。不幸中の幸い。
ただ、それ以来、電話をかけるとブラックアウトしてウンともスンとも言わなくなる時間が1分間ほどできるようになってしまった。
スマートフォンって物理ボタンがないじゃない?「○○の方は1を押してください」と言われても画面が反応しないと押せないじゃない?そういうときホント困る。
しかしながら、携帯電話を半年で買い替えるなんてしたくないので(昔から数年単位で使う派でした)、迷っている。

と思っていたら、ノートPCも壊れた。
確か『時をかける稽古場』初演の演出賞(副賞)で買った、これまたASUSの格安ノートPC。
充電のランプも起動のランプも点いて、いつもと同じようなHDDの音も聞こえている。たぶんディスプレイだけが死んだのだろうと思うけど、先日から電池の残量表示がおかしかったり、MAXまで充電されなかったり、2,3時間で突然落ちたりと電池関係のトラブルもあった。もっと根本の問題な可能性もある。
今は劇団の映像関係に使うPCを借りて台本書いたりこうしてブログ書いたりしている。今年に入ってから佐伯も鹿島もPCがおかしくなってはこいつで仕事してた。頼れる奴だが、いかんせん、重いんだ。デカいんだ。

携帯もPCも、今すぐにどうにかしなきゃ!な状況には置かれていない。
置かれていないが、いつまでも借りっぱというわけにいかない。
修理するか買うかしなきゃなのだ。
嫌だなぁ。
出費だなぁ。

ただの愚痴みたいなブログを書いてしまった。
いいんだ、アイドリングなんだ。と自分に言い聞かす。
posted by 冨坂 at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

だいぶ久しぶりですみません〜怒涛の夏・秋編〜

相当ひさしぶりの更新になってしまい(もしチェックされてる方がいたら)申し訳ありません。
直前の記事が『ナイゲン(2016年版)』の宣伝記事って…昔すぎ…。

その間に色々ありました。
というか、そんな色々で振り回されすぎてて更新を怠っていました、すいません!(いや、ほらアガリスク公式とか『七人/笑』特設とかコントレックスサイトとか沢山いじってるもんで、ついついwebに関してはやってる感を感じてましてブツブツ…)

■『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)/笑の太字』終演しました
アガリスクエンターテイメント第22回公演『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)/笑の太字』が東京公演・大阪公演ともに無事終了し(てい)ました。
ご来場のお客様、応援してくださった皆様、関係者の皆様、劇団員みんな、ありがとうございました。
詳しくはこちらに。
『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)/笑の太字』終演してました。
個人的にすごく好きで、すごく修行になった公演でしたわ。

■劇団Rexy『燃えるなよ剣』終演しました
女性向けセクシーコンテンツ「SILK LABO」「GIRL’S CH」に出演する男性タレント達の劇団・劇団Rexyの第3回公演『燃えるなよ剣』の脚本・演出をしてました。
幕末を舞台にしたシチュエーションコメディってことで、新選組と倒幕派志士を「合わせなくする」コメディをやってました。
最初は「大変だぞ」「個性派メンバーすぎるぞ」と釘を刺されていたのですが、まぁ一緒にやってみれば純粋に俳優、特にコメディ俳優の皆さんでした。
詳しくはこちらに。
劇団Rexy『燃えるなよ剣』終演してました
大変だったけど、楽しかった。

■秘密の企画、進行中!
劇団Rexy『燃えるなよ剣』と同時にアガリスク別働隊が進行していた秘密案件がありまして。
12月上旬にちょっとビックリする作品(出演?)が披露されます。情報公開もまだなので新宿コントレックス時に間に合うかどうか、まだ何とも言えないのですが。

■演劇企画CRANQ『プリモ・ピアット〜おいしい関係〜』降板しました
声優達による演劇公演を届ける演劇企画CRANQの朗読劇企画に参加していたのですが、劇団Rexyの公演準備中に体調不良で執筆が中断し、進行などなどを考えて降板させていただくことになりました。
楽しみにして下さっていた皆様には誠に申し訳ありません。また、本件の発表によりご心配をおかけしまして、そちらも申し訳ありません。以降、このようなことがないように体調管理・スケジュール管理に努め、気を引き締めて活動して参ります。
この件に関してはこちら
朗読劇『プリモ・ピアット〜おいしい関係〜』作家降板のご報告

■新宿コントレックスVol.15をやります、チケット発売中。
詳しくはまた書きますが、複数劇団によるコントライブ企画「新宿コントレックス」を久しぶりに開催します。
今回の参加劇団はアガリスクのほか順風男女電動夏子安置システム中野劇団というマジの実力派、間違いないコントを持ってくる玄人集団ぞろいです。楽しみだけど対バン相手としちゃあ怖いなー。
アガリスクは「勤務中の排便が禁止された給食センター」という実話を基にした“理不尽なルールを押し付けられた奴らが揉める会議コメディ”(そう、つまりは『ナイゲン』なんですよ!)の新作を披露します。新しくなったアガリスクメンバー全員が出演する、排泄群像会議コメディ『ハイベン』乞うご期待!
もうチケットも発売してます。今回2日間3ステあるけどいつ一気に売れ始めるかわかんないので、お早めにどうぞ!
『新宿コントレックスVol.15』
【日時】2016年11月22日(火)〜11月23日(水・祝)
【会場】新宿シアター・ミラクル
【出演】アガリスクエンターテイメント/順風男女/電動夏子安置システム/中野劇団
詳細は こちら から
ご予約は こちら から

■クジカンキカクに出ます
シアターKASSAIが主催する企画で「当日朝10時に劇場入りした俳優が、その場で台本を渡されて、19時に公演を行うことができるのか」という狂った楽しげな企画がありまして。
今回は一日目が俳優編、二日目が演出家編。
その演出家編に出ます
俳優としてはナイゲン初演(2006年)の出演を最後に廃業していたのですが、せっかく誘って頂いたので、思い切って出てみることにしました。
と思ったら、他の出演者である演出家の皆さんは結構がっちり俳優やってる人達じゃん!どうすんの俺!
ということで、真面目に、無様に、笑われて来ようと思います。気になる方はぜひ見に来てね!
『クジカンキカク(2017)』
【日時】2017年1月8日(日)俳優編〜1月9日(月・祝)演出家編
【会場】シアターKASSAI
詳細は こちら から
ご予約は こちら から

他にもなんといっても年明けたら『時をかける稽古場2.0』(3月下旬東京公演@下北沢駅前劇場、4月上旬京都公演@KAIKAだよー)とか、あとアガリスク面子の外部出演も沢山あります。忙しいのはいいことですね。良かったらチェックしてみてください。
アガリスクおよびメンバーの活動予定をまとめました(2016-2017冬)

こちらのブログでもサボらずにちょこちょこ書いていきますね!
どうぞチェックのほど、よろしくお願いします。
posted by 冨坂 at 05:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇団Rexy『燃えるなよ剣』終演してました

■劇団Rexy『燃えるなよ剣』終了しました。

rexy_160918_9.jpg

IMG_20161013_132319.jpg

P_20161016_162425.jpg


劇団Rexy第3回公演『燃えるなよ剣』
2016年10月13日(水)〜10月16日(日)
@DDD AOYAMA CROSSTHEATER

女性向けセクシーコンテンツに出てるタレント(要は女性向けAVタレント)による劇団・劇団Rexyの脚本・演出をしてました。
今回の話を振ってくれたプロデューサーも、周りの人も「大変かもしれないよ…?」「今までに出会ったことない人種の人達だよ?」と事前に言っていたので、最初はちょっと心してかかったのですが、やはり一緒に作品を作ってみれば、個性的だけど普通にコメディ俳優の集まりでした。とても頼もしかったし、楽しかった。
『燃えるなよ剣』というのは、「幕末の京都の旅館で、新選組と倒幕派の志士をダブルブッキングしちゃった旅館の人達が斬り合いを防ぐために右往左往する」という、アガリスク作品をよく見てる方々なら「またか」と思うような芝居なのですが、やはり外部で初めましての人達と一緒にやるなら、一番の得意技を出そう、と思ってこれを選びました。実は数年前から「時代モノだったらこれかなぁ」とあたためていたネタでした。

あとはTwitterに書いたことを貼ります。

劇団Rexy『燃えるなよ剣』全ステージ無事終了いたしました。ご来場のお客様、関係者の皆さん、出演者の皆さん、誠にありがとうございました!普段の活動が舞台役者だとかエロメンだとか、そういう境い目を超えて、この台本を使って一丸となって笑いを取っていった座組が素敵でした。

稽古中は、慣れない一幕一場の、一個の流れをひたすら引っ張り続けるタイプの台本に苦戦していましたが、喜右衛門・惣兵衛を中心に皆が一個の塊になってお客様をこのルールに巻き込んでいった姿に感動しました。あの瞬間、みんな紛れもなくシチュエーションコメディ俳優でした。

今回みたいな「ファルス」とか「シチュエーションコメディ」と言われるコメディって、基本は【真面目に必死になる】→【それが滑稽に映って笑える】という構造なんですが、ある一点を突破すると更に裏返って→【その汗が格好良い】になることがあるのです。今回それが見えて嬉しかった。

【燃えるなよ剣脚本裏設定@】舞台となった時代は池田屋事件(1864年(元治元年))の一年後ということで、1865年(慶応元年)の夏の話。坂本龍馬と中岡慎太郎が薩長同盟を結ぶべく奔走している時の話です。なので明智さんと中本達はその最中の坂本龍馬にパシられてるのでしょう。

【燃えるなよ剣脚本裏設定A】他の奴らの前じゃ「坂本の野郎〜」とか言ってるのに「坂本先生〜」と呼びかけているあたり、そして約束すっぽかされてるあたり、あと歴史に名を残していないあたり、明智さんは坂本龍馬には軽んじられているのでしょう。旧友がスターになっちゃった哀しみ。

【燃えるなよ剣脚本裏設定B】ちなみに、中本まわりだけ史実を無視しています。というのも、坂本龍馬が高杉晋作にピストルをもらったのは1866年初頭って説があったり。坂岡に向かって読み上げていた8つのお言葉は「船中八策」といって1867に坂本龍馬が語った新政府のビジョン。

【燃えるなよ剣脚本裏設定C】登場人物名について。中本と坂岡はご存知の通り坂本龍馬と中岡慎太郎をもじって入れ替えたものです。おかげで芝居中、役者陣が間違えそうになって大変でした。明智さんは「坂本龍馬と土佐時代に一緒だった」ってことで土佐勤王党の武市半平太をもじったもの。

【燃えるなよ剣脚本裏設定D】新選組の三人、小岩・尾形・谷崎。小岩は坂本龍馬を斬った疑惑をもたれた新選組隊士・大石鍬次郎をもじって小岩。尾形は新選組じゃないけど人斬りで有名な岡田以蔵をもじって尾形。谷崎は最初は客のフリしてる監察方にするつもりで、山崎烝をもじって谷崎。

【燃えるなよ剣脚本裏設定E】五鉄は強そうな名前にしたいと思ってて、かつ居酒屋ってことで、鬼平犯科帳で有名な居酒屋「五鉄」より拝借。
前田は本当に何も色のない名前にしようと思って、役者本人の名前を拝借して前田。
言成屋は…すいません、完全にネタのための名前です(笑)。

【燃えるなよ剣脚本裏設定F】池野屋って名前はもちろん池田屋からとりました。喜右衛門は池田屋事件の発端となった、新選組に捕らえられて拷問(足の甲に五寸釘さして蝋を垂らす)された志士・古高俊太郎の偽名・枡屋喜右衛門より。惣兵衛は池田屋の主人・池田屋惣兵衛から取りました。

【燃えるなよ剣脚本裏設定G】そんな、歴史に名を残さない人達の話でした。歴史に名を残す偉業でもないけど、遺恨を残すような殺し合いも防いだ、あの11人しか知らないあの一瞬だけ奇跡。個人的にそれ好きだし、舞台ってお客様と共犯関係になるものだからそういうのが似合うと思って。

【燃えるなよ剣脚本裏設定H】なんかで言ったかもしれないけど、幕末の京都の店や宿では、敵対してる武士同士が鉢合わせしないように遮る仕組みがあったようです。隠し階段とか、隠し部屋とか。池野屋もそれがありゃよかったのに。

【燃えるなよ剣脚本裏設定I】ちょっと専門的な話になるけど、こういう隠したり誤魔化したりするシチュエーションコメディって日本だと成立しないって言われてたんですよね。家の中に壁があって鍵がある文化じゃないから。障子と襖の文化だから。でもリアリティのレベルを下げちゃって。

【燃えるなよ剣脚本裏設定J】(続き)壁も襖も透過させちゃって複数の空間を同時に見せちゃえば、少なくとも「その秘密の話、聞こえてるだろ」って部分は気にならなくなると思うんですよね。役者は台詞のない・自分のトピックじゃない瞬間も芝居を続けなきゃいけなくて大変なんだけど。

【燃えるなよ剣音楽編】本作の楽曲はRexyではおなじみの森優太(@YutaMori)さん。OPでは大河ドラマっぽさと舞台映像としての派手さを両立し、喜右衛門が語るところのニセ“良いシーン”ではちゃんと偽物(笑)な良い曲を作ってくれた、凄腕かつ超わかってる(笑)方。

【燃えるなよ剣俳優陣@】惣兵衛:渡部拓哉さん…こういったシチュエーションコメディに必須な「状況を回す」役で、一番台詞量や運動量が多かったのでは。そんな中でネタの質をよく理解していて、身軽で滑舌がよくて、この「一個の状況を引っ張るコメディ」の柱になってくれた素敵俳優。

【燃えるなよ剣俳優陣A】中本:有馬芳彦さん…落ち着いてて、努力の姿を人に見せないけど、陰で仕上げてきて本番には決めてくれる男らしい俳優。稽古終盤に手紙&坂岡とのやりとりというボリュームのあるシーンを任せたのに嫌な顔一つせず引き受けて実際に笑いをとっていた頼もしさよ。

【燃えるなよ剣俳優陣B】坂岡:斉藤コータさん…アガリスクでもいつもお世話になってて、いちばん信頼してるコメディ俳優の一人。今回は台本上目立ったシーンはなくて周りを支える役…かと思いきや、最終的にはソロのドリブルで一番大きい笑いをとっていた恐ろしい男。

【燃えるなよ剣俳優陣C】明智:齋藤ヤスカさん…時代劇が初めてなメンバーも多く、僕自身も一般常識くらいの刀の扱いしか知らない中で、稽古中からだいぶお世話になった。舞台上の落ち着いた振る舞いと、お客様の状態をキャッチして愛される技術は流石。当初の想定以上に膨らんだ役。

【燃えるなよ剣俳優陣D】尾形:月野帯人さん…前のRexyの舞台の時から「ただならぬ人がいる」と思ってて、噂も聞いてた御方(笑)。舞台上では台詞は少ないながら観客は絶対見ちゃう存在感と、そしてトークの場など舞台以外の場ではしっかり沸かして締めてくれる、頼もしいアニキ。

【燃えるなよ剣俳優陣E】小岩:東惣介さん…本人もトークの場で言ってた通り、稽古で一番大変だった(笑)のだけど、本人の一生懸命さとチャーミングさで全く悪い印象は抱かなかったし、「威勢いだけよくて弱くて愛される」小岩という役への彼のハマりっぷりは相当良かったかと。

【燃えるなよ剣俳優陣F】谷崎:浅井陽登さん…座組の中で一番若いのだけど、素直で吸収が早く、曲者ぞろいの新選組チームを自分が引っ張る気概で臨んでくれていたのがとても好印象。偉そうな言い方になったら申し訳ないけど「多分こういう人が伸びるんだよなぁ」の典型例!マジ好青年。

【燃えるなよ剣俳優陣G】言成屋:小林照平さん…稽古前に情報がなかった俳優さんで、稽古初日に「できる人や!」ってなって言成屋のポジションで申し訳なくなったのだけど、彼のバランス感覚によって終盤の連合軍ネタがあそこまでウケたと思う。中盤の"入ってき方”でウケたの素敵。

【燃えるなよ剣俳優陣H】五鉄:北澤剛さん…事前のプレ稽古の段階から「コメディの文法で芝居できる人だ!」とわかって、出番の遅い五鉄役は勿体なかったけど、この体格は魅力的だし武器ですよね。真面目で、演技のパワーもお笑いの感覚もあって、個人的に凄く好きなタイプの俳優さん。

【燃えるなよ剣俳優陣I】前田:前田航平さん…初舞台とは思えないほどの度胸の据わりっぷり(笑)。全然緊張することなく舞台に出て行って、あの体温とキャラで芝居して帰ってくるすごい男。一番キャラを膨らませてくれた俳優。またあのキャラで舞台上で見たいし、他の役でも見たい!

【燃えるなよ剣俳優陣J】喜右衛門:北野翔太さん…見た目であそこまで「ボンボンの二代目」が似合いながら、本人は責任感と努力の塊。惣兵衛がコメディの構造上の柱なら、喜右衛門の北野さんはこの座組の柱。彼の終盤の「ニセ良いシーン」は偽物として作ったのについつい感動しちゃう。

【燃えるなよ剣俳優陣K】以上の11名の皆さんがこの台本をもとに一つになって格闘してくれたのがとても嬉しかったです。最初は「特殊な現場かも…」とか思ったけど、普通にしんどくて普通以上に楽しい、紛れもないコメディの創作現場でした。僕自身、とても勉強になりました。

【燃えるなよ剣】そして「いつも通りの冨坂作品を作って下さい」と、ここまで好き放題任せて見守ってくれたNプロデューサー、ガールズCH、SILK LABOの皆様、誠にありがとうございました。外部の他業界も絡む現場でこんな自由に作品作りができるなんて思ってなかったです。

posted by 冨坂 at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)/笑の太字』終演してました。

■『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)/笑の太字』終演しました。
I53A7668.JPG

今回の企画は、「せっかく黄金のコメディフェスティバル2015を獲ったんだし、『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』がまたやりたい」という単純な気持ちから始まり、そこに「笑の大学みたいな芝居がやりたい」という長年の恨みから発生した『笑の太字』の構想が合体し、サンモールスタジオ最優秀団体賞の副賞として劇場利用一週間をプレゼントして頂くことで東京公演が実現し、さらに大阪在住の元アガリスクメンバーのツテでスタッフが集まって大阪公演が実現するという、色々な方々のご厚意と協力で実現した東京・大阪ツアーでした。
そして何より、会場まで足を運んで下さった皆様のおかげで、無事に演劇公演として上演することができました。ご来場、誠にありがとうございました。

作品的には、作っている最中から『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』がどんどん濃く・豊かになっていくのは実感していたのですが、『笑の太字』がそれと並びうる作品になり、名実ともに「両A面」となったのが収穫でした。こちらに関しては、作っているときにまさに「大変ユニークだ、狙いとしては悪くない」「ただ…全部間違ってる」と言われるような作品になってはいないか?と自問する日々でした。要は、発想は面白いけどコメディとして面白くないものになってないか?っていう。
フタを開けてみたら、ちゃんとコメディ作品としてウケるもの、見世物として楽しんで頂けるものになったことにとても安心しました。「だって…コメディって、みんなを笑わせるためのものでしょ!?」

『笑の太字』を本番中にすごい熱量で屁理屈を発する俳優陣を見て「熱線吐いてるみたいだなぁ」と思うことがありました。
そんな、所属俳優全員が屁理屈の炎を習得した“ゴチャゴチャうるさいS・C(シチュエーション・コメディ)劇団”に、全く異なる新キャラとして新メンバー・榎並夕起が加入する運びとなりました。
彼女とは『ナイゲン』『時をかける稽古場』『わが家の最終的解決』と何度も一緒に作品を作ってきましたが、これからは今までの彼女自身とも現メンバーとも違った新たな姿をお見せするとともに、より多角的に、より出力を増したアガリスクエンターテイメントを皆様にお届けしたいと思っております。

終わってから一ヶ月半くらいして(それしか経ってなかったのか!と驚く)公演の動画を見ていると、『笑の太字』をやっている皆がとても格好良くみえる。自分の書いたホン、自分の劇団の役者つかまえて何言ってんだ、って言われるかもだけど、でもそうなんですよね。
これを経た、屁理屈の炎を吐き続けた経験を持つ奴らでつくる次の芝居が楽しみ。

以前に45分二本立てシリーズをやっていた時や、コメフェスのときもそうだったんだけど、この尺で芝居を作るというのは、つくづくトレーニングなんですよね。短編じゃ絶対無理なボリュームの、長編並みのアイデアをいかにこの尺に収めるか、という作業になって、台本の密度を高めるトレーニングになる。結果、今回も相当なりました。

詳しくは、これとかこれを見て振り返っていただけると…!
終演のご報告&頂いた感想まとめ
【舞台写真】『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』
【舞台写真】『笑の太字』(A)(B)(C)(D)全チーム


なお、公演DVDも作ります!上記の定点撮影の記録映像ではなく、カメラ複数台で撮影&編集したもので、『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)』はもちろん『笑の太字』もA,B,C,Dの4チーム全部の映像を収録した豪華2枚組!
DVD『七人の語らい(ワイフ・ゴーズ・オン)/笑の太字』
posted by 冨坂 at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。